サマナーズウォー 星3 ベアマン・水(グルダ)の評価、ルーン

サマナーズウォー 星3 ベアマン・水(グルダ)の評価、ルーン

サマナーズウォーのベアマンといえば、ベアマン光(アーマン)が有名です。

ではベアマン水(グルダ)はどうでしょうか?

ざっとまとめましたが正直、微妙かもしれません。

 

星3上位ランキングも作り始めています。育てるモンスターを考える時にチェックしてください。

サマナーズウォー 星3 ランキング

欲しい星3モンスターがなかなか出ないという人はこちら(これ見ても出ないものは出ないけど)。

サマナーズウォー 欲しい星3モンスターを召還、入手する方法

 

サマナーズウォーベアマン・水(覚醒後:グルダ)のステータス

レア度
星3

タイプ
体力系

覚醒時
スキル3獲得など

リーダースキル
味方の水属性モンスターの防御力が30%増加する。

スキル1:アッパーカット
敵を強力に突き上げ、50%の確率で1ターンの間、挑発する。

スキル2:打ち下ろし
敵を強く突き落として自分の最大体力に比例するダメージを与える。(スキル再使用可能まで4ターン)

スキル3:肉体の意志 (パッシブ)
自分が受ける全てのダメージを25%減少させる。

 

サマナーズウォー ベアマン・水(覚醒後:グルダ)の評価

グルダの魅力はスキル3のパッシブ「自分が受ける全てのダメージを25%減少」でしょう。

これにより粘り強い戦いが可能。

デコイ(壁)的な運用になるか?

 

・アリーナやギルド

アリーナやギルドではデコイ(壁)としての使い方に徹することになりそう。

挑発を上手に使ってグルドに敵の攻撃を集中させる。

その間に自分のアタッカーで相手を殲滅させるという形を狙いたい。

中級者以上敵な戦い方で、初心者にはあまり向かない戦法かも。

 

・カイロスダンジョン、試練の塔など

火のダンジョンなら使い勝手が良さそう。

試練の塔でもアリーナやギルドと同じようにデコイ(壁)として使えば良さそう。

共に挑発が生きる展開になる。

 

・お薦めルーン構成

基本的には体力をしっかりと上げたい、そしてスキル1の挑発を入れたいので的中も上げたい。

相手にダメージを与えることを考えたらクリ率やクリダメを上げることも考えられるけど、それならばグルダ以外のモンスターを採用した方がいい。

よって、最初は元気3セットでいいかなと。集中ルーンに良いものがあれば使ってもいいでしょう。

 

そのコンセプトで2番体力%4番体力%6番的中(体力%)でルーンの種類選択とだいたい同じイメージになります。

将来的には暴走ルーンを使うのも1つ。これで挑発をたくさん入れます。

あとは反撃を使うのもいい。反撃で挑発が入ればかなり戦いが楽になります。

(初級者はこちらも要チェック→サマナーズウォーのおすすめルーンと考え方

 

ベアマン・水(覚醒後:グルダ)の注意点

序盤から育てるべきモンスターかどうかというと正直、微妙。

使い方が中級者レベル以上向き。

 

また、実際に中級者になると他にも良いモンスターがたくさんいるので使うかどうか微妙。

挑発を主軸に置く戦いになると思うけど、それならば光属性のアーマンで運用したいところ。

試練の塔でアーマンの挑発だとすぐに死ぬから厳しいと思ったら育てるのもいいかもしれないというぐらいで優先順位は低い。また、挑発だけだったらウルシャーとかの方が優秀。

 

よって、入手しても他のモンスターの進化用素材とかスキルアップ用素材に使っていいと思う。倉庫に入れておく必要もない。後からどうしても欲しくなったら秘密ダンジョンで入手すればいい。

 

(ベアマンの属性別評価はこちら)
サマナーズウォー 星3 ベアマン・光(アーマン)の評価、ルーン
サマナーズウォー 星3 ベアマン・水(グルダ)の評価、ルーン
サマナーズウォー 星3 ベアマン・火(クンゲン)の評価、ルーン
サマナーズウォー 星3 ベアマン・風(ダゴル)の評価、ルーン

(他の星3モンスターはこちらでチェック)
サマナーズウォー 星3 ランキング
サマナーズウォー 欲しい星3モンスターを召還、入手する方法

(星4モンスター関連はこちら)
サマナーズウォー 星4 ランキングサマナーズウォー 欲しい星4モンスターを入手する方法

(初級者お薦め記事)
サマナーズウォー リセマラのやり方などについて
サマナーズウォーでクリスタルを効率良く集める方法(無課金向け)
サマナーズウォー、クリスタルのお薦めの使い道
サマナーズウォー、無料で大量のクリスタルを入手する方法

 

こちらの記事も良く読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL


コメント